いろいろ嵐ごと

嵐にまつわるいろいろなアラシゴトを

*

大野智の才能と個展への思いを美術手帖で考察!嵐メンバーの感想も紹介

      2015/09/05


嵐 大野智

2015年8月23日で大野智さんが開催する個展FREESTYLE II】が終わりました。
 
個展を見られた方は、絵の素晴らしさやスケールの大きさに心を奪われてしまったのではないでしょうか?
 
また行かれてない方は非常に残念ですが、とても気になる内容ではないでしょうか。
大阪に参加出来るなら大阪会場のチケが手に入る事を祈りたいですね。)
大阪会場の詳細はこちら
 
今回は、大野智さんが個展【FREESTYLE II】を開催した思いや、前回【FREESTYLE】から変わった事、大野智さんの個展に対するメンバーの反応を紹介していきます。

 スポンサーリンク

大野智、個展【FREESTYLE II】を開催した思いとは?

 

大盛況で終わった大野智さんの【FREESTYLE II】
作品を一点一点見た中で色々と感じた方は多いのではないでしょうか。
 
前回の【FREESTYLE】から約7年
 
大野智さんが個展を開催した思いを見ていきましょう。
 
大野智さんが個展を開催した理由は
 
2011年3月11日、日本中を悲しみで包んだ「東日本大震災」が理由のようですね。
 
震災後は色々とあり作品を描くことが出来なかったようですが、震災で苦しんでいる人々に一個人として何か出来ないか?と考えた末に
 
自分の作品を被災地で見せたいという思いが2度目の個展開催の引き金になったようです。
 
前回の個展【FREESTYLE】までの大野智さんは、作品は自分の楽しみの為だけに作るだけで特別な意味はないという考えでしたが、東日本大震災を受けて、絵を描くことや見せる事の意義を意識してきた事で絵に自然と意味が生まれてきたようです。
 
前回と今回どちらにも参加された人もいるかとは思います。きっと大野智さんの作品の変化にも気付いた方もいるのかもしれませんね。
 
絵に意味があるのとないのでは、見た方にとって全く違う印象になるものですから…
 スポンサーリンク

前回の個展【FREESTYLE】からの大野智の絵に対する変化とは?

 

前回の【FREESTYLE】から大野智さんの作品どのように進化・変わっていったのか見ていきましょう。
 
大野智さんは、前回の個展【FREESTYLE】の終了後、1年以上も絵を描けなかったようです。
 
その時は、具体的な理由はなく精神的に描けない時期があったようですが、その後個展後に初めて描いた作品が
 
『ちゃぶ台』
 
これは前回個展で発表した『タツノオトシゴ』の細密画と同じような技法で描いています。
 
普段は参考資料などを見てイメージを決めてから描くのに対して、上記はビジョンも何もない状況で自由に描いた線画。
 
『ちゃぶ台』を毎日日記みたいにちょこちょこ描いていたそうですが次第に指紋のように細くなってきて描くのが苦痛になってきたそうです。
 
私が思うにおそらく、終わりが見えなくなったのではないか?と考えます。
 
その理由のひとつとして、前回【FREESTYLE】で描いた『タツノオトシゴ』が原因のようです。
 
その『タツノオトシゴ』を見た時に大野智さんは
 
「久々に見ると勢いがあって、なんか今は守ってんなーって思えてきて。頭の中で『前回よりもいいものを』って考えちゃったんだろうね。』もう趣味じゃなくなってきたなって。」
 
と語っていて、今までは好きなようにして描いていたのが、前回よりもって考えるときっと目には見えないちょっとしたストレスというかそういう重圧がかかるのでしょう。
 
しかし、大野智さんはその中でも自分が描きたいものを描こうと思えた事で、自分の中で進化・変わっていったと語っています。
 
そのように大野智さん自身が変わり進化出来たのも、芸術家で友人の奈良美智さんや24時間テレビでコラボした草間彌生さんの影響が大きいと語っていて色々なアドバイスを受け、自分の中に吸収し落とし込んでいったようですね。
 
そうする事で芸術家としての幅が広がる。と元美術部部長の妻が言ってました。
 
特に妻が印象に残ったのが『パグ』の絵
 
これまでの大野智さんの作品といえば、リアルに細く描く感じだったのが、芸術家の奈良美智さんのアドバイスで『全部書かなくてもいい』というアドバイスから全部を塗りきらず、絶妙な力の抜き具合で完成にしたようです。
 
この作品に関して妻は『こうすると動きが出るよね!』と言ってました。
 
私『???動き???』
 
前回に比べて今回の【FREESTYLE II】の作品は表現の幅が広がっているとの事。
 
みなさんはどう感じましたか?
 
 

個展【FREESTYLEⅡ】を見たメンバーの反応は?

 

東京で開催された個展には嵐のメンバーも皆んな見に行ったようです。
 
どんな反応だったのか紹介します。
 
相葉雅紀さん
『リーダーに説明してもらいながら、一つ一つゆっくり見る事が出来て良かったです。オレはね、赤緑メガネのクリクリの子…あの作品が好きだった。』
参考:TVLIFE
 
松本潤・二宮和也さん
『メンバー皆んなで行ってきましたよ。うん。良かったですよ。上海の個展と合わせて6万人を超えてる人達が鑑賞に来る個展てそうないよね。アーティストとしてとっても幸せなことなんだろうなぁ〜。行かれた方は存分に大野智の世界を楽しんでいただけたんじゃないかな?』
参考:ザテレビジョン
 
と語っていて、非常に楽しめてまた大野智さんの世界観を垣間見ることが出来るとても素晴らしい個展のようですね。
 
東京は終わってしまいましたが、来年3月に大阪で開催される予定ですので、まだ見られてない方はチケット獲得頑張ってください。
 スポンサーリンク

まとめ

 

前回の【FREESTYLE】からとても大きく成長・進化した事が伺えますよね。
 
前回から色々な葛藤がありながらも、様々な人と出会いアドバイスを受け吸収していき、今回は自分のただ好きなものではなく、『被災地の方に絵を見てもらいたい』『前回よりいいものを作りたい』という思いにかわり、絵に意味を持たせる事で更に高みに行った大野智さん。
 
とても尊敬してしまいますね。
 
次は大阪で東京と同じ【FREESTYLE II】が開催されますが、【FREESTYLE Ⅲ】は開催されるのか?気になるところです。
 
もし開催されるとしたなら、その時までに大野智さんの絵はどれほどの高みにいるのかとても楽しみですね。
 
でわ!

 

 - 大野智