いろいろ嵐ごと

嵐にまつわるいろいろなアラシゴトを

*

櫻井翔が嵐について語った言葉がやばい!メンバーやジャニーズへの感謝の一言とは

      2015/10/11


image

1999年9月15日にハワイでデビュー会見を行い嵐としてスタートを切ってから今年で16周年。
 
昨年の2014年には、15周年記念としてデビューの地ハワイでの公演を行ったりとまさにスーパーアイドルの嵐といった感じですね。
 
しかし、ファンの方々もご存知の様に今でこそ誰もが知る大人気アイドルへと成長してきましたが、デビューから今までその道のりは全て順調というものではありませんでした。
 
ファンの中には、デビュー時の映像を見ると涙が出る方も多いようです。
それだけ嵐の5人とファンの方々は共に、平坦ではない道をしっかり一歩一歩進んできたのだなと感じます。
 
よくメンバーの発言の中で
「5人で嵐」と言うフレーズを聞きます。
 
5人で苦労して来たからこそ、その言葉がとても意味のある言葉に私は思るのです。
 
今回は嵐のメンバー「櫻井翔さん」に注目して嵐について語った最高の一言やメンバー1人1人の印象と嵐のスゴい才能について語った内容を紹介していきます。

スポンサーリンク
 

嵐の櫻井翔が嵐について語った最高の一言とは?

 

櫻井翔さんは、他のメンバーと一緒に苦労しながらも、努力を行った結果、ここまでのグループへと成長してきました。
 
だからこそ、5人にとって嵐は特別なものとなり得たのです。
 
そんな嵐の事を櫻井翔さんはこう語っています。
 
【たまに「嵐はアイドル界の頂点」「芸能界のテッペン獲ったね」と評価してくれる方がいるんですけど、僕もメンバーも、そんな事これっぽっちも思ってないですよ。だって嵐はジャニーズ事務所のスタッフ、メデイアの皆さん、そしてファンの皆さんが作りあげて下さった”作品”で、僕らはその作品の5分の1ずつのピースですから。確かに努力はしましたけど、1人ずつが戦ってきた訳じゃない。5人で嵐、その気持ちは永遠に変わりません。】
引用:心ゆさぶる嵐の言葉
 
 
この言葉から嵐のメンバーがどれほど周りに支えられてここまで来たかを周りの人達以上に認識している事が伺えますね。
 
言葉は違えど同じことを他のメンバーも思っているでしょう。
 
だからこそ、ここまで成長してこれて、また更に成長していくのでしょうね。
スポンサーリンク
 

櫻井翔が答えるメンバー1人1人の印象は?

 

嵐というグループは非常に仲が良いと話題のグループですが、メンバーから見るメンバーの印象って気になりますね。
そこで櫻井翔さんからみる嵐のメンバーの印象について紹介していきたいと思います。
 
櫻井翔さんから見た
 
大野智さん
のんびりしてますけど、自分の”ものさし”があって、自分に妥協できない厳しい一面がある。
 
相葉雅紀さん
「相葉は嵐の白鳥だ」
「白鳥は水面を優雅に進むけど、実は外から見えない水面下で必死に両足で水をかいているからこそ、スイスイと前に進む。相葉もバラエティを軽々とこなしているように見えて、陰の努力はハンパない。だからカッコいいんだよ。」
 
二宮和也さん
「ニノは可愛い!なんかよく、引っ付いてくるよね、かまってもらおうと。それが可愛い!」
 
 
松本潤さん
「嵐について別なベクトルから意見を言い合える」
 
それぞれのメンバーの事を理解し、信頼しているからこそ出てくる言葉ではないのかな?と思います。
 
メンバーの印象を聞いてみて、私も「あっ!なるほどね」と思いましたので、デビュー以前や当時からのファンの方としては、当たり前のことかもしれません。
 
 

櫻井翔が思う嵐のスゴい才能とは?

 

大人気アイドルグループへと成長した嵐。
ここまで成長するのにはまず努力は不可欠で他にもスゴい才能があったからではないのか?
櫻井翔さんが嵐のスゴい才能について語った言葉を紹介します。
 
芸能界やマスコミの仕事ってセンスだけじゃどうしようもないこと、あると思うんですよ。
“不世出の天才”みたいな人は別として。
嵐みたいな凡人の集まりは努力と経験でその壁を乗り越えていくしかなかった。
最近新たに1からチャレンジする仕事には巡りあってないけど、僕もメンバーも、いつでも新人のつもりで向き合えますよ。
嵐にもスゴい才能があるとしたらきっとそこなんじゃないかと思います。】
引用:心ゆさぶる嵐の言葉
 
 
よく知人や友人と話していて聞く言葉で「(成功した人達)あの人達は才能がある人達だから自分には無理」と言う言葉を聞きます。
 
では成功した人達の努力を知っているのかと言うと知らない事がほとんどなんですよね。
櫻井翔さんが言いたい事もそういう事ではないかと思います。
「自分達(メンバー)や関係者、ファンの方々の努力やこれまでの経験や苦労を才能の一言で片付けて欲しくない」
メンバーそれぞれアイドルだけではなく、そこ他の分野にも積極的に取り組んでいます。
その様な経験もきっと今の嵐を作っているピースの一部なんでしょう。
【新しい事に取り組む事】
これは今までの自分とは無縁の事に挑戦しようというのですからとても勇気がいる事ですよね。
取り組んだ事のある方々は分かると思います。
手探りで方法を探し悩み苦労する挑戦とはそういうものですが、彼らはそんな勇気のいる挑戦にも積極的に取り組んでいる。
 
「僕もメンバーも、いつでも新人のつもりで向き合えますよ。
嵐にもスゴい才能があるとしたらきっとそこなんじゃないかと思います。」
 
たったこれだけの文章ですが、嵐がこれまでにしてきた努力と経験から導き出された1番重要な答えを表している一文ではないかと私は思います。
スポンサーリンク
 

まとめ

 

櫻井翔さんだけでなく、他のメンバーもおそらく同じような事を言うと思います。
 
「周りの皆さんが作った作品で自分達はその5分の1のピース」
 
こういう考えをメンバー全員が持っている嵐が成長しない訳がないと思います。
 
コンサートではジャニーズの中でもっともチケットが取りにくいと言われるほどにまで成長したにも関わらずこの考えは当時のままのようですので果たしてどこまで成長していくのか…とても楽しみですね。
 
でわ!
 
関連記事
 
 
 
 

 - 櫻井翔