いろいろ嵐ごと

嵐にまつわるいろいろなアラシゴトを

*

嵐アルバム曲【Japonesque】の読み方や意味は?作詞作曲のMiNEの他の作品は

      2015/10/22

Pocket

image

本日の2015年10月7日よりJstormのサイトにてアルバムジャポニズムより【Sakura ・心の空 ・青空の下、キミのとなり ・マスカレード ・Japonesque】の5曲が視聴可能となりました。
 
その中でも話題となっているのが16曲目に収録されている【Japonesque】
 
この【Japonesque】を聴いたファンの方々からは
imageimageimage
 
カッコいいや好きというコメント以外にもリード曲は【Japonesque】でよくない?と言ったコメントまで出てくるほど!!
 
それほど素晴らしい楽曲となっています。
 
気になる【Japonesque】の読み方や意味と作詞・作曲を担当したMiNEや作品について紹介していきます。
 

スポンサーリンク
 

嵐アルバム曲【Japonesque】の読み方や意味は?

 

まずアルバム曲のJaponesqueという曲は、英語の様に見えますが実は、【フランス語】です。
 
フランス語で日本語読みするとJaponesque(ジャポネスク)という読み方。
 
何となくジャポネスクっぽいのでフランス語だったとしても読めなくはないのかもしれませんね。
読み方がわかったら次は意味ですが、このジャポネスクを英語で言うとJapanesque(ジャパネスク)と読みます。
 
意味としては、
 
日本風。外国人の目に異国情趣が強く感じられる純日本的な雰囲気。
引用:goo辞書
 
となっていて、その名の通り日本的な雰囲気を出した楽曲となっている様です。
 
アルバムもジャポニズムですし、この曲もジャポネスクというタイトル、嵐の新ジャケットもメンバーの和装なのでこれでテーマずれてたら逆に突っ込まれそうですね。
スポンサーリンク
 

作詞・作曲担当のMiNEとはどんな人物なのか?

 

嵐の楽曲【Japonesque】を作詞・作曲したMiNEさんとはどんな方なのか、まず読み方ですが、マインではありませんよ。
 
MiNE(ミネ)さんといい、大阪出身で東京在住です。
MiNEさんは、天才凡人(テンサイボンジン)というグループに所属していて、2011年に「自分達は遅咲き」だど根拠のない自信により結成されました。笑
 
天才凡人というグループの構成は、日本で唯一の1シンガー 1サラリーマン 1DJというスタイル。
 
???
 
サラリーマンがいらっしゃいますね。笑
 
結構独特感のあるグループになっています。
天才凡人というグループを見ていると、ジャニーズとはまた違う雰囲気なので楽曲を提供していると知り驚きを隠せません。
 
天才凡人は、2014年には東京と大阪のワンマンライブを行いチケットが30秒でソールドアウトとなる人気っぷり!
 
ファンからは天凡と呼ばれていてライブでもかなり盛り上がり、今勢いのあるグループのです。
 
作詞・作曲の才能がすごい事は嵐の曲を聴くとわかりますよね。
 
MiNEさんもそうですが、DJのAtsushi Shimadaさんもジャニーズだけでなく、AAAにも楽曲提供をしていますので、素晴らしい才能を持つグループのようです。
 
そして今回楽曲提供されたJaponesqueも少し昔の音楽を思わせるようなそんな曲調になっていて視聴で聴きましたが、ファンの方々と同じようなコメントになりますが、結構好きな曲です。笑
 

MiNEが提供したジャニーズの曲は何?

 

MiNEさんが嵐に提供した楽曲は嵐の【サヨナラのあとで】になります。
こちらはDJのAtsushi Shimadaさんも参加しているようですね。
 
その他のグループへの提供としては、
 
SMAP【Breaking Dawn】
Hey!Say!Jump【UNION】
NEWS【White Love Story】
SexyZone【Love風】
ジャニーズWEST【シルエット、Summer Dreamer】
Kis-My-Ft2【Give me】
 
ジャニーズの中でも若くて勢いのあるグループばかりですね。
 
こう見ると結構知っている曲もありますね。
 
今の時点でこれだけの楽曲提供をしているので今後もどんどん増えいくでしょうね。
 
次回の嵐の楽曲提供が楽しみです。
スポンサーリンク
 

まとめ

 

嵐の新アルバム『ジャポニズム』に収録されている【Japonesque】の読み方や意味と作詞作曲を担当したMiNEさんやその提供作品について紹介してきました。
 
視聴された方は、納得されたとは思いますが、ジャポネスク…非常に合う曲調と歌詞だったのではないでしょうか?
 
これほどの曲を提供したMiNEさんの才能は間違いないでしょうね。
 
今後も嵐の楽曲提供をしていくと思いますので次はどんな楽曲を提供してくれるのか…
 
期待しましょう!
 
関連記事
 
 
 
 

 - 嵐アルバム