いろいろ嵐ごと

嵐にまつわるいろいろなアラシゴトを

*

【嵐】櫻井翔が日立白くまくんCMでベートーベン!ピアノ上手すぎ

   


image

嵐が出演している日立のCMでメンバー全員が偉人になり日立製品を紹介するCMシリーズがありますが、今回【日立の白くまくん】CMに櫻井翔さんの扮するベートーベンが登場します。しかも櫻井翔さんがピアノを演奏するというファンにとってはうれしいCMとなっているようです。
 
櫻井翔さんのピアノの上手さや、弾けるピアノの曲目について紹介していきましょう!
 

スポンサーリンク
 

嵐の櫻井翔が新CMでベートーベンの【運命】を披露!

 

嵐が出演しているCMで日立の家電のCMがありますが今回のCMは、嵐のメンバー全員が歴史上の人物に扮している事でも話題です。
松本潤さんのシェークスピア、大野智さんのナポレオン、二宮和也さんのニュートン、相葉雅紀さんのシーザーと皆有名な人物ばかりですね。
 
そして櫻井翔さんが扮する人物は、かの有名音楽家のベートーベン!
 
実際にベートーベンに扮した櫻井翔さんがベートーベンの【運命】をフォルテピアノ(18世紀に主流だった鍵盤楽器)で弾いちゃうんですよ!
 
【運命】って曲は知らない人の方が少ないのではないでしょうか?
あの【じゃじゃじゃじゃーん】って感じのやつですね。笑
 
櫻井翔さんは、さらにCM収録の休憩中に「エリーゼのために」なんかも弾いていたようです。
 
これも多くの方が1度は耳にする曲ではないでしょうか?
 
そんな櫻井翔さんがベートーベンに扮して出演した『白くまくん』の新CMは10月15日(木)より全国でオンエアされます。
 
是非チェックしてみて下さいね。
スポンサーリンク
 

櫻井翔のピアノの実力はプロレベル?

 
櫻井翔さんがピアノが弾けるのは分かりましたが、実力でいうとどれくらい上手いのでしょう?
 
櫻井翔さんは3歳から10歳までエレクトーンを習い、その後クラシックピアノを習い出したそうです。
 
櫻井翔さんは同時期にピアノの他にも水泳、習字、油絵、剣道、ボーイスカウト、サッカーなど
 
かなりの数の習い事をやっていました。
 
そして櫻井翔さんがジャニーズに入ったのが13歳の時、ジャニーズに入ると学業との両立で大変忙しく習い事は行けなかったようですね。
 
なのでおそらくエレクトーン→ピアノと約10年間習ったという事になります。
 
全国平均でピアノ歴10年だと中級以上
 
そして櫻井翔さんは、2010年より再びピアノを習い始めました。忙しい中での練習なのでそんなに時間は取れないでしょうが、2010年から2015年までで約5年、一般の方と比べて練習量が半分だとすると2年半となり、ピアノ歴は約13年ほどになりますね。
 
ピアノ歴13年だと全国平均では上級者レベルとなります。
 
全国平均なので個人差はあるとは思いますが、アイドル歌手という音楽に携わる仕事をしている櫻井翔さんの事、おそらく平均以上の素質があるのではないでしょうか?
 
2015年現在は再度習い始めてブランクはあるでしょうがきっと上級者レベルにはなっている事でしょうね。
 
 

櫻井翔が今までに披露した曲は何?

 

櫻井翔さんが今までに披露した曲を紹介していきたいと思います。
おそらくかなりの曲目を弾けるのでしょうが、今回は櫻井翔やメンバー、ニュースになった事、テレビで放送された事などの中からの紹介となりますのでご了承下さい。
 
まず今回披露したベートーベンの【運命】と【エリーゼのために】
 
そしてワクワク学校の企画で演奏した【ショパンの別れの曲】
 
デビュー時からのレパートリーであげられていたカーペンターズのCross to you】
 
謎解きはディナーの後でSPで披露した【オリジナル曲】
 
2010年にピアノ練習を再開して松本潤さんに何を弾いてる?と聞かれ答えた【ビートルズのHey Jude】
 
ドラマ山田太郎物語のメイキングで演奏した【校歌】
 
フリーター、家を買うの主題歌【果てない空】
 
嵐2003年発売のアルバム「How’s it going」に収録されている【Blue】
 
2011年紅白歌合戦で披露した【ふるさと】
 
と様々あります。
 
クラシックピアノはベートーベンとショパンしか紹介していませんが、おそらくもっと弾けるでしょうね。
 
私が調べた限りはこのぐらいでした。
 
もしこれ以外でこの曲もピアノ演奏してたよ〜とか、この曲も弾けるってコメントしてたよ〜という情報ありましたらコメント頂けたらと思います。
スポンサーリンク
 

まとめ

 

櫻井翔さんのピアノの腕前について紹介してきました。
 
ピアノもそうですし、歌もそうなのですが、上手い下手というよりは気持ちを表現しているかしていないかが大きいと感じます。
 
確かに綺麗に弾く事は大切だと思います。
 
しかし聞いて「あっ、上手だったな」では結局意味がなく
 
聴いた人が胸からこみ上げて来るもの(感動、興奮、幸福など)がある事が重要なのではないでしょうか?
 
上記に書いている2011年の紅白歌合戦で【ふるさと】を披露した櫻井翔さんですが、色々な意見があるようです。
 
色々な人がいて色々な意見はあるでしょう。
 
でも多くの人はあの時の櫻井翔さんの演奏を聴いて【グッと】来るものがあったのではないでしょうか…
 
私は当時ウルっと来た事を覚えています。
 
そんな人の心に突き刺さるようなピアノを弾ける櫻井翔さんの実力はない訳がないと私は感じました。
 
今後とも嵐を応援しているファンの方々や嵐の曲を聴きたいと思っている人達へ嵐の音楽を届けて欲しいと思います。
 
でわ!
 
関連記事
 
 
 

 - 櫻井翔