いろいろ嵐ごと

嵐にまつわるいろいろなアラシゴトを

*

嵐の笑いが中国で大人気?海外の反応と共に理由を検証

   


image

大人気グループの【嵐】の冠番組と言えば「VS嵐」や「嵐にしやがれ」が思い浮かびますが、そういった番組が日本国内だけでなく海外でも大人気となっているようです。
 
特に中国の北京では日本の笑いというと【嵐】となっているようです。
 
確かに嵐のメンバーは皆さん面白いですが、お笑いとなると個人的には漫才やコントが思い浮かびますけどね。
 
なぜ中国で嵐の笑いがウケるのか?その理由や海外の反応を紹介していきましょう。
 

スポンサーリンク
 


中国で日本のお笑いといえば【嵐】!なぜ嵐の笑いがウケるのか?

 

9/28に発売された雑誌「AERA」に中国の笑いについて書かれた記事がありました。その中になんと嵐さんについて触れられているものを見つけました
 
北京ではいま、若者の間で日本を代表する笑いは嵐だといわれていて、「嵐の番組を見たら間違いなく爆笑」「日本語が分からなくても笑える」と書かれていました。
更に、嵐の笑いはオシャレでかっこよくて礼儀正しくお年寄りに優しい。
人を辱めずに面白いことが言えて自虐もできる。と、ほめられていました。
そもそも嵐さんは割と以前からアジア各国、ヨーロッパ、アメリカ、ペルーなんかでも人気がありますよね。
アジアに至っては2006年に台湾、韓国。2008年には上海でもすでに公演も行っていますし、CDやDVDは日本とほぼ同時発売もされています。嵐がきっかけで日本語を学ぶ学生さんもたくさんいるようです。
スポンサーリンク
 


嵐の海外での反応や人気は?

 

2007年に二宮くんが映画「硫黄島からの手紙」の時にベルリン国際映画祭に行った時も「ニノ」と愛称で呼ばれたりしていましたし、フランスで人気あるんだよ!と言われてきたと本人も帰国後に話していたようです。ペルーには現地の人たちで作ったファンクラブみたいなものもあるようだ、とも聞いたことがあります。今や世界各国からライブを観にきたりもしていますよね。
 
彼らの根本は優しくてまじめ。周りをとても大事に活動しています。
きっとそんな彼らの中身が番組でもいかんなく発揮されているのでしょう。
中国の人はそんな彼らがとても面白く、スマートで素敵にみえるのだと思います。
 

まとめ

 

中国で笑いと言えば嵐となる理由や海外の反応について紹介してきました。
 
確かに嵐のメンバーはかっこいいのですが、しっかり笑いもとり中国の方々がその様に評価するのも頷けますね
 
大野さんの上海で行われた個展でもチケットが手に入らずもっと増やして欲しいという声も上がったほど
 
嵐の活躍に今後も期待しましょう!
スポンサーリンク



 
関連記事
 
 

 - 海外の反応