いろいろ嵐ごと

嵐にまつわるいろいろなアラシゴトを

*

【嵐】松本潤主演ドラマ番組2作品!オススメ理由と見所を紹介

   


image

今回の記事では、私独自に選定した、松本潤さんのおすすめドラマ 映画をご紹介していきます。
 

スポンサーリンク
 
今回は、敢えて「可愛い」「天使」路線の作品ばかりを並べますので、どちらかというと、世間の皆様が抱いているような「松潤」のイメージからはかけ離れた側面の見える作品ばかりです。
 
ですが、ファンとしては、かっこよくてオラオラ系のイメージより、もっと可愛くて天使な面を知ってほしいという思いで、このような記事を書いた次第です。
 
それでは紹介していきます。
 

1作目「きみはペット」

 
まずは、2003年、まだギリギリ二十歳に満たない若い頃の作品「きみはペット」
 
小雪さん演じるバリバリのキャリアウーマンのもとに、拾われて(?)やって来る(いわゆる居候)美少年の合田武志(モモ)です。
 
作中では、武志が、小雪さん演じるスミレが昔飼っていた犬のモモにそっくりだということで、モモと命名され、スミレのペットとなってご主人様を癒し、時には男女の関係らしいところまでいくこともあるかも!?という、なんとも奇妙なドラマでした。
 
結論から言ってしまうと、「ご主人様とペット」と言うところからなんの進展も無かったのですが、ストーリーが進むにつれて、お互いがお互いにとってかけがえのない、なくてはならない存在になっていくのが分かりますし、かなり変則的というか、あり得ない話ですが、この二人にはこの形がベストなのかな。
 
とすんなり受け入れて楽しめた作品でした。
スポンサーリンク
 

2作目「失恋ショコラティエ」

 
お次は、時代がぐっと最近に近づきます。
 
2014年冬の月9ドラマ「失恋ショコラティエ」ですね。
 
石原さとみさん演じる高校の先輩、サエコさんを振り向かせることだけを考えて、彼女の好物であるチョコレート職人(ショコラティエ)となった青年の、甘酸っぱくてキュンと来るドラマでした。
 
主人公爽太の激しい妄想、サエコさんのために頑張るんだけどなかなか上手くいかなくて空回りする姿、爽太を振り回すサエコさんの小悪魔ぶり、水原希子さん演じるえれなと爽太の濃厚なラブシーン……全てがきちんと絡み合って、物語が進んでいき、様々な人物の恋模様を楽しめるのもこのドラマのポイントです。
 
今回は2作品をご紹介しました。これを機に、可愛い松本潤さんに触れてみてくださいね。
 

管理人の一言

 

2つの作品を視聴する事で松本潤さんの演技力の成長度合いを垣間見える作品ではないかと思います。
 
「きみはペット」はTBSの連ドラ初レギュラーの作品ですし、失恋ショコラティエ」は直近の作品となっていますので…
 
しかし松本さんは結構小さい時からテレビに出てましたね。
 
「未満都市」とか。相葉さんと一緒に
 
個人的にこの時の松本さんはすごいなこの子と思うほどの美少年でした。
 
いつものかっこよく、自分を追い詰めるのが大好きでギラギラした松本さんではなく、可愛い松本潤さんを見るのもいいのではないでしょうか?
 
機会があれば見てみて下さいね。
 
でわ!
スポンサーリンク
 
ライター紹介
・紫華さん
 
関連記事
 

 - 松本潤