いろいろ嵐ごと

嵐にまつわるいろいろなアラシゴトを

*

VS嵐11月12日 「チームインターナショナル」ゲーム結果のまとめと感想

   


スポンサーリンク

image

11月12日のVS嵐は対戦チームに「チームインターナショナル」
 
プラスワンゲストに生瀬勝久さんを迎えての放送でした。
 
今回は嵐メンバー4人と共演経験もある俳優の生瀬勝久さんがプラスワンという事で嵐と生瀬さんの裏話などに注目ですね。
 
11月12日放送のゲーム内容や結果と感想を紹介していきます。
 

第1ゲーム「キッキングスナイパー」

 
最初のゲームは「キッキングスナイパー」。
 
今回は、2つめ目のターゲットで相葉さんがパーフェクト、3つ目松本さん、4つ目櫻井さんと、驚異の3連続パーフェクトが出ました。
 

第2ゲーム「ピンボールランナー」

 
続いてのゲームは、ピンボールランナー。
 
ランナーは松本さんです。
 
相手チームのアレクサンダーさんは、松本さんに憧れて対抗意識を燃やしており、「MJには勝ちたいですね。」と言っていました。
 
また、嵐チームの司令台には、「ごくせん」で共演した生瀬さんがいるということで、
 
「(生瀬さんちに)何度もお邪魔しました。家の中に卓球台とかがあったりとか。」
 
と、生瀬さんとの思い出を語りました。
 
松本さんは120ptを獲得しました。
 
そして、(一方的な)アレクVSMJ対決は、アレクサンダーさんが制しました。
スポンサーリンク
 

第3ゲーム「クリフクライム」

 
そしてそして、特筆すべきは次の「クリフクライム」です。
 
相手チームに大量リードを許している中で登場した、嵐チームのなかで、最も速くクリアした記録をもつ大野さん相葉さんのコンビが、自身の持つ最速記録をさらに更新したのです。
 
何と54秒を残してのクリアで、大野さんに至っては1度もグリップを使わずにスタスタと登ってのけました。
 

第4ゲーム「バンクボーリング」

 
次の「バンクボーリング」では、1投目を櫻井さん生瀬さんが投げ149pt、2投目の大野さん二宮さんは、惜しくもあと2本のピンを倒せず嵐チーム初のスペアはお預けとなってしまいました。
 

第5ゲーム「コロコロバイキング」

 
最終対決「コロコロバイキング」は、オレンジゾーンの生瀬さん松本さんコンビが果敢な攻めを見せてくれます。
 
結果、最後に出てくる小さなイエローボールも1つ50ptに入れ、255ptで、今回の対決は逆転勝利を決めました。
 
勝因はやはりクリフクライムでの頑張りだと思います。
 
54秒残しは本当にすごかった!!
 
来週はどんなドラマが待っているのでしょうか。
スポンサーリンク
 

管理人の一言

 
11月12日放送のゲーム内容や結果と感想を紹介してきました。
 
中でも印象的だったのがやはり相葉さんと大野さんのクリフクライム。
 
相葉さんもかなり早く進み、大野さんもアゴを一切グリップを貰わずクリアしていましたね。
 
いや〜凄かったです。
 
家族で観ていたのですが、思わず「オー!」と歓声が上がっておりました。
 
やはり今まで何度もクリフクライムをやって来たレギュラーなだけありますね。
 
最後のコロコロバイキングも生瀬さんは、松本さんが逆境が好きなのを知ってかどうなのか分かりませんが
 
50を狙わなきゃ面白くないと言う事で攻めてました。
 
攻めるのが大好きな御2人がオレンジゾーンなので逆にいい結果に繋がったのかもしれませんね。
 
次回はどんなゲームとなるのか非常に楽しみです。
 
ライター紹介
・紫華さん
 
関連記事
 

 - vs嵐