いろいろ嵐ごと

嵐にまつわるいろいろなアラシゴトを

*

二宮和也演技力の凄さと評価は?豊川悦司も絶賛の訳

   

Pocket

image

嵐きっての演技派として知られる二宮和也さん。
 
アイドルとしての活動だけでなくドラマに映画と様々な分野で活躍されていますね。
 
『二宮さんの演技力はその道のプロから見たらどうなの?』
 
『どんな評価されてるの?』
 
と思う方も多くいらっしゃるかもしれません。
 
そこで今回
 
◼︎二宮和也の凄さ
 
◼︎その道のプロから見た二宮和也とは?
 
これを見たらきっと二宮さんの演技力の凄さが少しはわかって頂けるのではないでしょうか
 
それでは紹介していきましょう!
 

スポンサーリンク

演技派二宮和也の凄さ

 
二宮さんと言えば、映画「母と暮らせば」が大ヒット。
 
同作品は、原爆投下後から数年たった長崎が舞台です。
 
原爆で息子をなくした助産婦の福原伸子のもとに、亡くなったはずの息子 浩二が亡霊となって現れるという不思議なお話で、二宮さんは、あの大女優 吉永小百合さんの息子役での共演。
 
そして、二宮さんはこの作品で、「第39回 日本アカデミー賞」の「優秀主演男優賞」を受賞しています。
 
その他にも過去を遡ると
 
助演男優賞5回
個人賞4回
主演男優賞11回
参考:Wikipedia
 
を獲得しています。
 
これはかなり凄い受賞歴ですよね。
 
そんな二宮さんは、冒頭でも述べたように「嵐きっての演技派」として有名で、そのアイドルらしからぬ高い演技力は、嵐ファンだけでなく世間一般にも広く知られていますよね。
 
これまでの俳優としての仕事を振り返っても、とにかく作品数が他のメンバーと比べてずば抜けており、その実力の高さが伺えます。
 
他のメンバーがまだドラマの出演も果たしていなかったメンバーもいるであろう嵐の結成前に、すでにドラマの主演を果たし、(1999年春「あぶない放課後」)2003年には、他のメンバーに先駆けて映画単独初主演を果たします。
(それも、あの蜷川幸雄作品です。)
 
同じく嵐でも作品数が多く演技力が高い事で知られている松本潤さんは、この翌の2004年に映画単独初「出演」をしています。
 
出演だ主演だと、ちょっと違いますが、それだけジャニーズの中でも二宮さんの演技力がずば抜けて凄いという事ですね。
 
そして2006年には、「硫黄島からの手紙」で、当時のジャニーズタレントが誰も成し遂げて居なかった「ハリウッド映画出演」を果たします。
 
この事で、日本国内だけでなく海外にも「日本のアイドルに、アイドルらしからぬすごい実力の俳優がいるぞ!」と、「二宮和也」の名前を知らしめる事になりました。
 
そんな二宮さんですが、「人身掌握術に長けている」と、言われています。
 
難しい言い方をしましたが、「人の心を掴むのが上手い」「人との距離の取り方が上手い」と言うことなんですね。
 
「場に溶け込むのが上手い」というか。
 
それは演技にも生かされていて、二宮さんの演技は、その場(作品)の中に自分を置いても、その自分を空気のように、場に溶け込ませることができていると感じます。
 

二宮和也の演技力の評価は?

 
そんな二宮和也さんの演技力に有名な映画監督や俳優さんも絶賛しています。
 
脚本家の倉本聰さん
 
ジャニーズ事務所が日本アカデミー賞などの賞レースに参加しないのを知り、「お前がブルーリボン賞をとらないのはおかしい」といって青いリボンを二宮さんにプレゼントした。
参考:Wikipedia
 
というエピソードもあります。
 
他にも
スポンサーリンク
 
演出家・映画監督の蜷川幸雄さん
 
「あの世代の演技者としては世界レベルで見ても、
十分通用すると思う。あの若さで、あんな繊細な演技ができるなんて。
初めて会って、5,6分話しただけで、二宮君と心中しよう、
と決めたくらい」
参考:青の炎パンフレットより
 
映画監督の堤幸彦さん
 
現在日本の俳優の中で、最も信頼のできる俳優さんと言えます。さらにミュージシャンとしても活躍しているし、役者という切り口だけでは語れない“スター”ですよね。しかも周りに助けられているスターではなく、自分の足でしっかりと立って、歩んでいくタイプのスターです。こういった部分もジェームス・ディーンと共通しているのかな、と思い今回のキャスティングには満足しています」
参考:「理由なき反抗」パンフレット
 
プラチナデータで共演し豊川悦司さんの雑誌のインタビュー
 
『もともと「いい役者だな、チャンスがあれば一緒に仕事したいな」と思っていました。 共演して「やっぱりオレの勘は正しかったな」と(笑) 役をつかむ感覚、独特のセリフ回しや芝居の間、とても勉強になりました。』
 
プラチナデータ監督の大友啓史さん
 
『こちらがやるべきことをやって迎え入れてやれば、自然に彼自身が太陽として現場が回っていく。そこが、彼ならではのプロフェッショナルとしての在り方なんでしょうね』
 
硫黄島からの手紙で共演した渡辺謙さん
 
『感覚は、相当優れてる気がしますよね。』
参考:TOKIO@5LDKより
 
など多くの有名な監督や俳優さんからの評価が高い二宮和也さん。
 
今後も、二宮和也さんが世界を舞台に活躍してくれることを願います。
 

まとめ

 
二宮和也さんの演技力や評価について紹介しました。
 
その道のプロから見ても演技力に対してかなりいい評価を受けていますし、それが上記にも書いたような受賞歴になるんでしょうね。
 
ジャニーズの中でも演技力に定評があり、その道のプロである俳優さんらとあまり変わらない実力。
 
今後も海外の映画などに出るチャンスがあれば出演して世界的にどんどん活躍して欲しいと思います。
 
今後が楽しみですね。
 
でわ!
スポンサーリンク
 
ライター紹介
・紫華さん
 

 - 二宮和也 演技」