いろいろ嵐ごと

嵐にまつわるいろいろなアラシゴトを

*

嵐アリーナツアー2016制作開放席の当落発表か?ツイッターの反応まとめ

   

Pocket

スポンサーリンク

image

待ちに待った嵐アリーナツアーの最新情報がありました。
 
 
アリーナツアーの制作開放席
 
 
4月23日、24日に開催されるサンドーム福井の分が発表されたようですね。
 
 
『制作開放席ってどんな席?』
『本当に発表されたの?』
 
と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。
 
 
今回は
 
◼︎制作開放席とはなんなのか?
 
◼︎当落発表後のツイッターでのみんなの反応
 
について紹介していきましょう!
 

制作開放席とは?

 
制作開放席とはいわゆる「見切り席」と言われるもの。
 
コンサート会場のステージ構成上空白の空いた場所やステージ作成の際などの機材置き場などがそれに当たります。
 
見切り席の多くはメンバーが全く見えなかったり、真横からだったりの席が多いのが特徴ですね。
 
もちろん、皆さんは例え制作開放席でも当たりたいと思う方は多いと思いますが。
 
一見他の場所に比べると見劣りすると思われがちですが、実はかなり美味しいメリットがあるんです。
 

メリットその1

「リアルな声が聴けることも」
ステージ構成上の空白地や機材置き場などはよくよく考えると見えにくいけど本人達に限りなく近い可能性が高いとも考えられますよね。
実際にコンサートに行ってみないと詳細は分かりませんが、過去にはメンバー達のかけ声が聴こえたという方もいらっしゃるようですよ。
 
 

メリットその2

「他の場所よりも声掛けしてもらえる確率が高い」
制作開放席は見にくい…これは会場設営のスタッフの方々はもとよりメンバーも知っています。
松本さんなんかはステージ構成に携わってますからね。
なので結構気にしてもらえることも多くちょくちょく見てくれることも多いとか。
何だか特別扱いを受けているようでいいですよね。
 
 

メリットその3

「席によっては乗り物演出の際にかなり近くを通ることも」
これは席によって違いがありますが、場合によってはこのようなこともあるようですね。
 
今回アリーナコンサートということで乗り物がくる可能性は少し厳しいかと思いますが場所によってはかなり近い位置になる可能性もあるかとおもわれます。
スポンサーリンク
 

ツイッターでの反応まとめ随時更新!

 
アリーナツアー制作開放席の当選メール情報を受けてツイッターでのみんなの反応を見ていきましょう!
 
随時更新していきますのでお楽しみに!
 

【サンドーム福井】

 

imageimage
 
 
image
当選されたと報告された方もいらっしゃいましたが、残念ながらメールが来ていないと答えた方が多くいらっしゃいましたね。
 
当選のつぶやきはかなり少なかったのでそんなに多くは確保してないであろうと予想しています。
 
 
でも多くの方が落選で悲しい中でも「楽しんできてね」とおっしゃっている方が多くとても印象的でした。
 
しかし前日ギリギリまで分からないのが嵐のコンサート。
 
顔認証システムを使っても転売は無くならないのでギリギリまで効チケットが出そうですね。
 
ほんの少しでも希望がありそうです。
 
残りの会場も発表があったら追記しますのでお楽しみに!
 
 

まとめ

 
嵐アリーナツアー参加の最後の砦、制作開放席復活当選
 
上記にも記載していますが最後まで分からないのがこの2つ。
 
コンサートまで時間がありませんが最後の最後に…という可能性は0ではありませんのでお気を確かに頑張りましょう
 
0.1%に当選があるかもしれませんね。
 
でわ!
 
スポンサーリンク
 
関連記事
 

 - 嵐 アリーナツアー