いろいろ嵐ごと

嵐にまつわるいろいろなアラシゴトを

*

松本潤ドラマ「99.9」5話ネタバレと視聴率!みんなの感想まとめ

   

Pocket

image

追記:5話視聴率発表!
 
松本潤さん主演のドラマ「99.9‐刑事専門弁護士‐」
 
無事第5回放送が終わりました。
 
今回も非常に見応えありましたね。
 
各話のネタバレ視聴率はこちら
 
 
 
 
 
早速ですが、5話の流れを振り返っていきましょう!
 

スポンサーリンク
 

【5話のネタバレと流れ】

 
◼︎司法試験の合格発表日
・合格結果を見に来た深山と有石。
・合格結果が聞けない明石。骨格すごいねを合格すごいねと聞き間違い。
・結果不合格。
 
◼︎空港で娘であるかすみを待つ佐田
娘にアメリカのボーイフレンドがいると分かりなんとも言えない表情を浮かべる。
 
◼︎立花がプロレスのカレーライスを食べる会のイベントに参加する。
・オカダ・カズチカのファンである立花は歓喜
・オカダから3つ言わせて下さいと提案。
1.新日本プロレス44周年これからもよろしくお願いします。
2.今日は会場にカレーの雨が降るぞ〜!
3.特にありません。(会場爆笑)
・オカダにカレーをよそってもらいニヤける立花。
・カレー好きなんですか?と聞くと『普通です。』の返答。それでも喜ぶ立花。
 
◼︎東京地検の稲葉刑事部長に不起訴のお願いをする丸川貴久。
動機は十分だろうと稲葉が言うも丸川は被害者の供述の信用性が乏しいと言う。
・無罪が立て続けて少し弱気なんじゃないか?と稲葉。そんな事はないと否定する丸川
大友検事正が丸川に話したいと言っていたから今夜付き合えと稲葉
 
 
◼︎丸川達が料亭につくと既にすき焼きを食べている大友。
・料亭で4人で話す。
・丸川の案件で不起訴が増えていると指摘する稲葉、その理由を丸川は後半になっても勝てないような案件だと主張。
・しっかりと被害者の話しを徹底的に聞け!その話しに嘘がないと確信出来れば必ず被疑者は割れる。信念を持てと丸川に語る稲葉。
 
◼︎大友の携帯に電話が入る。
・丸川に杉並事件の資料に念のため目を通しておけと大友。
 
◼︎喧嘩をする2人
・『お前が殺したんだ!』と何度も殴る谷繁。
・チェーンに引っかかり強く頭を打つ谷繁。
・それでも何度も殴りかかる谷繁。
 
◼︎朝いとこんちの料理場でオニギリを作っている従兄弟の坂東。
深山のオヤジさんの命日だから墓参りに行くと思いオニギリを作っていた坂東。
・墓参りには行かないと深山。
・傘持って行った方がいいよと坂東。理由はオレのアフロが湿気を感じているから。
 
◼︎孫のラグビーの試合を観戦する斑目。
・その同じ場所に深山がいて、マスターに貰ったオニギリを頬張っていた。
・過去の父親との事を思い出す深山。
・深山のオヤジさんのギャグ
『そんなラグビーじゃ、アクビーが出るな』
『頂きマングース』
・五郎丸のルーティーンをする斑目の孫。
 
◼︎深山の所に来た斑目、深山のオニギリを食べようとすると弁護依頼の電話がはいる。
・佐田がモナコに旅行の為休暇を取ると話す斑目。
 
◼︎会社で弁護依頼の案件内容の説明が行われる。
・依頼人は谷繁直樹(30)
・殴られた被害者は三枝尚彦(62)理白冷蔵(株)社長。
・三枝の写真をみて意味深な表情を見せる佐田。
・司法試験の結果から立ち直れない明石。
 
◼︎深山と立花が谷繁の弁護の為に事情聴取をする
しかし深山と立花が自己紹介をして席に座ろうとした時に谷繁は『あいつが殺したんだ』と言い残し倒れてしまう。
・谷繁は頭蓋内出血の為、意識不明の重体となる。
・立花が佐田に『トランキーロ』と囁く、よくわかってない佐田。
トランキーロとはプロレスラーの内藤哲也が言った言葉でトランキーロ(焦るな)という意味です。
つまり深山がいなくても焦るなと立花は言いたかったみたいですね。笑
 
◼︎目撃者に証言を聴きに行く深山。
・目撃者から自分で転けて頭を打ったことと『お前が殺したんだ』という言葉を聞いたと証言。
 
◼︎会社に帰社した深山。
・オカダとの写真を眺めニヤける立花。
 
◼︎帰社した深山の携帯に隣の佐田から電話が入る。
・佐田が依頼人は意識不明だから…と話していたが話は聞かず、佐田のパソコンで佐田に防犯カメラの映像を見せる深山。
被害者が被疑者の関係者を過去に殺したかどうかを今から調べますと佐田に報告した深山。
・旅行に行っている間に変なことするなよと深山に釘をさす佐田。
・深山のオヤジギャグ?『お土産は雨かな?雨降んないかなぁ〜』
 
◼︎丸川の部屋に入ってきた先輩検事。
・大友検事正も面倒な件任せたよなぁと丸川に同情する先輩検事。
十条検事長の名前に傷を付けない為にも再審請求を通さないようにしないといけないしっかり精査して対応しろと先輩検事。
 
◼︎会社で防犯カメラの映像をみんなで確認する。
・戸川さんには谷繁さんの家族関係を調べてもらう。
・明石と藤野さんには谷繁さんの会社関係を調べるように指示。
 
◼︎深山と立花は被害者の三枝さんに会いに行くことに。
・いきなり殴られて腹ただしのもあるが助かって欲しいと三枝。
・三枝は谷繁とは初対面。家族や友人にも知り合いはいなく殴られた理由もわからないと供述
 
◼︎病室で意識不明の谷繁。
・側には妹が見舞いに来ていた。
・妹から事情を聞く深山と立花。
2ヶ月前に母が亡くなったが亡くなる直前にお父さんは本当は殺されたと語った。
・2人で母親の遺品整理をしていたら父の手帳が出てきた。
・兄は警察に相談に行ったが、当時の資料がないと構って貰えず。
 
◼︎父の手帳を借りた深山。
・会社で今までの情報を整理するメンバー。
戸川が調べた情報から朱蓮フーズは18年前に五車製粉に買収されたという情報を得る。
戸川が五車製粉の顧問である志賀弁護士に朱蓮フーズの取引先を調べてもらうように頼みに行く。
 
◼︎斑目の携帯に佐田から電話が入る
・心配する佐田にしっかりやってると報告する斑目。
 
◼︎18年前の事件を掘り起こされてもと大友に言う十条検事長。
・大友に何かあった時は頼むと告げる十条検事長。
・手は打っておきますとだけ告げる大友。
 
◼︎五車製粉の資料をまとめてきた志賀弁護士。
・五車製粉は朱蓮フーズ買収後、朱蓮フーズの顧客と再契約をしていた。
・その資料に三枝さんの名前があるか調べる事に。
・五車製粉に朱蓮フーズの元社員はいるのか?と聞いた立花に探せばいるんじゃないか?と話す志賀弁護士。
 
◼︎五車製粉に所属している朱蓮フーズの元社員に話しを聞きに行く、立花、志賀、落合の3人。
・社長が亡くなった日に残業していた元社員。帰っていたはずの社長が廊下を通ったのを見たと証言。
・社長のハンコがいる書類があり、ついでにと思い社長室に向かった元社員。
・社長室に社長はおらず屋上へのドアが開いていた。
・普段社長が屋上に行くことはない、そこは社員の喫煙所になっていて社長はタバコを吸わない。
・屋上に行くと道路の方から声が聞こえ、見ると社長が倒れていた。
・屋上には吸いかけのタバコが残されていた。
・誰かがそこにいた。
・屋上には誕生日ケーキがあり、子供の為にケーキを買ったような人が自殺なんかしない何故そのように処理されたのかわからないと証言。
 
◼︎手帳に書いてあったバーに聞き込みに来た深山。
・バーに先日谷繁が来たとマスター。
・谷繁社長は22時頃確かにここに来た。
・待ち合わせをしているような感じだったが電話がかかり社員が残業で残っているから屋上で待っててもらLサイズ』と電話の相手に言った谷繁社長。
・頭を気にするマスター(過去の映像からカツラですね。笑)
 
◼︎五車製粉の再契約した会社の中に三枝さんの会社理白冷蔵があった
この結果から谷繁社長の朱蓮フーズは過去に三枝さんの理白冷蔵と取引をしていた事が判明する。
・明石のその感じ飽きちゃったという藤野さん。
立花の言うハンタークラブとはプロレスラーヨシタツが立ち上げたグループの事。(今日の立花さんはプロレスネタが多いですね。笑)
 
◼︎18年前に担当刑事だった水谷に会いにいく深山と立花。
・担当刑事はあの事件には違和感を感じていた。
・同日に杉並の事件が起き、谷繁社長の件は水谷1人が担当になった。
・1ヶ月ほど関係者を調べていくうちに1人の人物が浮上した。それは三枝尚彦。
・当時三枝の会社は経営難になっていた。
・出資を谷繁社長にお願いしたが断られた。
・谷繁社長の事件の日、近くで三枝さんを見かけたという証言もあった。
・屋上にあったタバコの吸殻から三枝の唾液の成分が検出された。
・証拠不十分の一点張りで逮捕出来ず。
・目薬を差す水谷に立花は『カブロン(バカヤロー)』と一言。プロレスラーの内藤さんが使う言葉ですね。
 
◼︎いとこんちで事件を整理しながら料理をする深山
・明石はまだショックがいえず、自分顔写真を撮り写真を見ながら『お前達が一生懸命勉強してきてくれた事、俺が1番よく知ってる』
・アフロ姿のエレキンズ(エレキコミック)が現れる。笑
・エレキンズはリアカーを押しての全国ライブをしていたらしい。
『深山の自家製ポン酢』登場。
・喧嘩を始める明石とエレキンズ。
『深山の豚しゃぶの新玉ねぎ巻き〜フレッシュトマトたっぷりのせ〜』登場。
・深山のオヤジギャグ『そんなあだ名は、いやあだな。』2回。
 
◼︎理白冷蔵の三枝社長に話しをしに行く深山と立花。
・谷繁という名前に覚えがないと語る三枝。
・朱蓮フーズの名前を出しても知らない覚えてないの一点張り。
・質問を変えて『1998年10月23日の夜11時頃どこにいましたか?』という質問をする深山。
・覚えてないというも、谷繁社長と言った三枝。何故谷繁さんのお父さんが社長だと知っているのかを問い詰める深山。
三枝が谷繁社長と会っていたと様々な確定的な証言を並べるも頑として知らないとシラを切る三枝。
・12さんに反応する三枝。12とは三枝の事だった。
・ギャグ?『三枝→12』(3×4=12、さんしじゅうに)
谷繁社長と待ち合わせしてたのは間違いなくあなたですと深山が言うも不気味な笑みを浮かべる三枝。
・私はあそこにはいられなかったと言う三枝。
・検察にいくら話しても捜査はされないと自信満々に言い、誰も私を逮捕することなんて出来ないと語る三枝。
・理白冷蔵から出た深山と立花だが、少し考え何かを思いついたのか走り去る深山。
 
◼︎家族旅行に行く佐田の前に深山と立花が登場する。
・旅行を伸ばしてくれないかと頼む深山。
・関係のないはずの2つの事件が繋がったと語る深山。
・杉並事件では1人の目撃者の証言が決め手となり、容疑者となっている人物は無期懲役を課せられた。
・その目撃者は今回の事件の被害者である三枝尚彦。
・しかも杉並事件の担当検事は佐田だった。
スポンサーリンク
 

【感想】

 
今回の99.9第5話の内容はラストは衝撃的な内容でしたね。まさかの佐田さんが事件を担当した検事だったとは…
 
今回のストーリーは初めてとなる2部構成となっていて来週がかなり気になる終わり方でした。
 
ストーリー以外の部分ではおなじみ深山のオヤジギャグや深山のお父さんのギャグ、谷繁社長のギャグだったりとギャグ尽くしでしたし、さらに立花のプロレスネタのオンパレードでしたね。笑
 
深山特製料理もしっかり登場し、毎週の楽しみになっています。
 
今回の第5話も多くの視聴者の方々が絶賛していましたね。
 
imageimage
やはり面白いと言った声がかなり多いようですし、次週の続きが気になるようです。
 
またリターンズを希望している声も。(花男はありましたからね。
 
これは次回はどんな展開となるのか、予告で少ししかありませんでしたが続きが気になりますね。
 
 

【第5話視聴率は?】

 
今回第5話も面白い内容でしたね。
 
発表された発表されましたら追記しますのでお待ち下さい。
 
 
追記:5話視聴率発表!

「99.9」第5話の視聴率が発表されました。

第5話、平均視聴率は、18.9%

前回の4話より2.6ポイントあげた結果となりました。

次の内容が気になるそんなストーリーが良かったのかもしれませんね。

「99.9」の歴代視聴率は以下の通り

第1話放送平均視聴率は15.5%

第2話放送平均視聴率は19.1%

第3話放送平均視聴率は16.2%

第4話放送平均視聴率は16.3%

第5話放送平均視聴率は18.9%

スポンサーリンク
 

【まとめ】

 
松本潤さん主演ドラマ「99.9」5話ネタバレや視聴率、みんなの感想について紹介しました。
 
今回の5話もかなり多くの方が絶賛してましたね。
 
2週に渡り展開されるストーリーで来週がかなり気になり、視聴率は結構期待できるのではないでしょうか。
 
次回も非常に楽しみですね。
 
でわ!
 
関連記事
 
 

 - 松本潤 ドラマ